院内技工について

『入れ歯が割れた』『仮歯が壊れた』『差し歯が取れた』など
急なトラブルに、即時に対応いたします。

歯科技工士が常駐してることにより、歯科医師では難しい修理や、形の修正、研磨などを歯科製作のプロである技工士が高精度で最短 即時に対応致します。

即時対応ができる理由

院内技工の3つの特徴

Three features
  • point01

    技工士と直接相談することが出来る

    例えば義歯や、詰め物、被せ物 、これらの素材の特性を熟知した技工士が、患者さん個人個人に合った素材の提案をさせてもらいます。素材選びは非常に難しく、ただ高価であれば良いわけでもありません。患者さんの癖やライフスタイルに合わせたバランスの良い材料選択が納得のいく形で装着される事を目標に、お手伝いさせてもらいます。

  • point02

    即時対応が可能

    義歯の破損、仮歯の破折など急を要する修理はよくあります。簡単なケースであれば歯科医師による即時修理ができますが、複雑で時間のかかる修理は技工士への依頼が必要となり、受け渡しに数日を要する場合があります。しかし当医院には技工士が勤務しておりますので、受け渡しのタイムラグがなく、即時の対応が可能となります。

  • point03

    「安心」をお約束いたします

    ほとんどの歯を院内にて専属技工士が製作してるので安定した精度の高い補綴物を供給することができています。欠損の多いケースや多くの歯を一度に治療したとき、場合によっては完成品装着時に多くの調整(削合調整)が必要となったりします。そういったリスクの高まる状況に常に製作側との連携が取れるので調整時間などの患者さんの負担を最小限にとどめることができるのです。

院内技工士から一言

歯科技工士 技工室主任

乾 勝善

これって誰が作ってんだろう…とも疑問に思われ無い方が大半だと思いますが、、実は差し歯や入れ歯と呼ばれる補綴物は歯医者の先生が作ってる訳ではなく、ほとんど製作専門の歯科技工士が製作してます。もし、歯科医師の先生に聞きにくいなって思うことがあれば、受付の人に聞いてもらえれば、私がお答えいたします。呼ばれなくてもたまに出てきますが…。